ビジネスフォン工事はレイアウトが重要!働きやすいオフィス環境とは

ビジネスフォンの工事、「丸投げで良い」と思ってはいませんか?実は、ビジネスフォン工事はみなさま自身が主導して進めなければ、オフィス環境全体が悪くなる危険性があるのです。

特に、オフィス環境にとって重要なのが「レイアウト」。ビジネスフォン工事では、オフィス全体のレイアウトをどう維持するのか、どうより良くすのるかがポイントと言えます。ただ、いきなり「レイアウト」と言われても難しいものです。

そこで今回は、「働きやすい環境とは?」をテーマに、ビジネスフォン工事のレイアウトについてご紹介しましょう。レイアウト作りの基本について触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.レイアウトの重要性

冒頭で、ビジネシフォン工事には「レイアウトが重要!」とご紹介しました。正直なところ、「ビジネスフォンって電話工事でしょ」「配線繋ぐだけでレイアウトは関係ないのでは?」と思う方は多いと思います。

ビジネスフォン工事にレイアウトは重要?

一般的に、オフィス内のレイアウトと言えば、机や棚を始め大きな家具・電化製品などの配置のことを指します。また、壁紙や証明などの雰囲気を左右するものをイメージする方もいるでしょう。

確かに、おおよそのレイアウトとは、「部屋全体をいかに過ごしやすい環境にするのか」を中心に考えられるもの。オフィス内で考えるのなら、オフィス机や棚などの配置により「動線(通路)」をどう確保するのかがポイントと言えます。

ビジネスフォン工事は「動線」に大きく影響する!

ビジネスフォン工事は、主装置と電話機を設置・接続するもの。当然、各機器は「配線」により接続されます。この配線を「どのようにしてオフィス内に通すのか」、これがオフィス全体のレイアウトに大きく影響するのです。

例えば、何も考えずに全ての配線を通路(動線)上に配置したとします。当然、移動する際には足元が気になりますし、見栄え的にも良いものではありません。壁や天井に這わしたとしても、単に配線を打ち付けただけやぶら下げただけでは同じです。

つまり、ビジネスフォン工事とは、現在のレイアウトを壊さず。反対に、「より過ごしやすい環境にできるか」が求められる工事なのです。

2.働きやすい環境とは


ビジネスフォン工事において、「レイアウト」の重要性についてはご理解いただけたと思います。ポイントは「過ごしやすいオフィス環境」です。ただ、いきなり過ごしやすさを問われても難しいと思います。そこで、過ごしやすいオフィス環境に欠かせない3つのポイントをご紹介しましょう。

  1. 安全
  2. 能率的
  3. 快適

1.安全

「安心」できるレイアウトが、オフィス環境には求められます。もちろん、安心には収入的なものや精神的なものなど様々です。ただ、ビジネスフォン工事であれば、主装置や電話機、配線などが業務の邪魔にならないこと。万が一にも、回線が断裂したり機器が故障しないことが挙げられます。

つまり、安心してビジネスフォンを活用できるレイアウトということです。

2.能率的

オフィス環境には、「能率的」なレイアウトもポイントの1つ。能率的とは、一定時間内にできる仕事量(効率)のこと。ビジネスフォン工事で考えるのなら、各装置や配線が業務しやすい位置にあること。内線や転送など、各種機能が使いやすく設定されていることが言えます。

つまり、能率的(効率的)にビジネスフォンを導入できるレイアウトなのです。

3.快適

「快適」と言えるレイアウトも、オフィス環境をより良くするためには必要です。一般的に、快適なオフィス環境と言えば、休憩スペースや無料飲食、託児所などがイメージしやすいと思います。しかし、ビジネスフォン工事では、いかに現在のレイアウトを崩さないか。反対に、より良いものにするため各配置を変更できるかがポイントです。

つまり、快適とはビジネスフォンを含めてレイアウト全体のバランス見直すことと言えます。

このように、ビジネスフォン工事では安全・能率的・快適の3つのポイントを意識しながら、レイアウトを考える必要があります。仮に、3つのうち1つでも欠けてしまうと、過ごしやすいオフィス環境から離れてしまうため注意が必要です。

3.レイアウト作りの基本

働きやすい環境について、安全・能率的・快適の3つのポイントが重要と紹介しました。そんなオフィス環境を作るためには、業者と共にレイアウトを考える必要があります。そこで、以下にレイアウト作りの基本をまとめました。

  1. コンセプト
  2. ゾーニング
  3. 動線
  4. レイアウト

1.コンセプト

まずは「コンセプト」作りから始めます。コンセプトとは、いわゆる「概念」のこと。ビジネスフォン工事では、どのようなオフィス環境を目指すのか。その為には、どんな機器が必要なのかなど。工事を進める上で必要となる「方針」を決める為のものです。

例えば、「開放的なオフィス環境」をコンセプトに置いたとします。ポイントとなるのは「開放的」ということ。机や棚の数を減らし、目線より上に障害物となるものを配置しないなどが考えられます。

2.ゾーニング

コンセプトが決まれば、次は「ゾーニング」です。ゾーニングとは、「空間」を決めるということ。ビジネスフォン工事では、オフィス全体での家具や機器、配線などの大まかな「間取り」を決める為の段階です。

「空間をどう確保するのか」というのは、オフィス内全ての「もの」との関連性を考える必要があります。仮に、1つでも空間を乱すものがあれば、全体的に使いにくいものに。実際にレイアウトを決める際の重要な基礎と言えます。

3.動線

ゾーニングにより大まかな間取りが決まれば、次は「動線」計画です。動線とは、人間が移動する為の「通路」をどう確保するかということ。ビジネスフォン工事では、特に「配線をどう通すのか」がオフィス全体の動線に大きく影響します。

一般的に動線計画では、通路の数は減らし、1本を広く取ることが考えられます。つまり、いかにシンプルな動線を確保できるかが、安全・能率的・快適なオフィス環境作りには重要なのです。

4.レイアウト

コンセプト・ゾーニング・動線まで決まれば、後は実際に「レイアウト」を作成するだけ。レイアウトとは、ここまで決めてきた3つの内容をもとに、細かい部分について設計していく作業なのです。ちなみに、オフィスレイアウトには、いくつかの基本形が存在しています。

  • 対向式…机を対面で配置する
  • 背面式…背中合わせになるよう机を配置する
  • スクール式…教室机のように配置する

など。

ビジネスフォン工事においても、上記のような基本形をもとにレイアウト作りが進められます。もちろん、ゾーニングや動線の段階により、基本形から外れたものでも問題ありません。重要なのは「コンセプト」に沿った形でレイアウトを作ることができるかです。

上記の「レイアウト作りの基本」は、ビジネスフォン工事に関わらず、オフィス環境をより良くする為の基本です。ビジネスフォン工事をきっかけに、ぜひオフィス全体のレイアウトを再確認してみてください。

4.レイアウト変更に注意!

ここまで、ビジネスフォン工事からオフィス全体のレイアウト決めについてお話を進めてきました。当然、ビジネスフォン工事を進める上では、業者の専門スタッフと共にレイアウトについては決めていくこととなります。

工事後のレイアウト変更に注意!

実際に、ビジネスフォン工事後に「ちょっと思っていたのと違う」と感じることは珍しくありません。おそらく、先ほど紹介した「レイアウト作りの基本」から外れてしまっていたのでしょう。

しかし、ビジネスフォンに関して言うと、工事後のレイアウト変更には注意が必要です。これは、レイアウト変更を勝手に行うと、以下のようなリスクが考えられる為です。

  • 配線の位置を間違え、ビジネスフォンが機能しない
  • 配線全体にまとまりがなくなり、オフィス環境が悪化する
  • レイアウト変更中に配線を断裂させてしまう

など。

上記のようなトラブルが発生すれば、再度ビジネスフォン工事の必要が。当然、それだけ費用も時間も掛かります。最悪の場合、数週間に渡りビジネスフォン全体が使用できない可能性もあるのです。

仮に、ビジネスフォンのレイアウト変更を検討するのであれば、まずは業者に相談することをおすすめします。

5.まとめ

今回は、ビジネスフォン工事においてレイアウトの重要性についてご紹介しました。ビジネスフォン工事はオフィス全体に影響を及ぼすもの。レイアウト次第では、オフィス環境が良くも悪くもなるとご理解いただけたと思います。

ビジネスフォン工事で重要となるのは、安全・能率的・快適なオフィス環境を意識すること。その為には、「レイアウト作りの基本」を中心に、業者と共にレイアウト作りを進めることが重要です。

ビジネスフォン工事は、オフィス全体の環境改善の機会と言えます。ぜひ、ビジネスフォンの導入と共に、より良いオフィス環境へのレイアウト変更についても検討してみてください。

人気の記事

最近の記事

  1. 無免許は違法?信頼できるビジネスフォン工事業者の選び方
  2. ビジネスフォン工事はここに注意!早めに依頼した方がいいわけと…
PAGE TOP